スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス・プリンシパル #12 「Fall of the wall」 最終回

プリンセス・プリンシパル 12話の感想です。


ぶん投げエンド。。
謎を残し視聴者におまかせ的な感じで
2期はどちらでもという終わり方。

みんな戻ってきてプリンセスの救出で終わってしまったので
ここ終わるの?って感じで消化不良な最終回でした。。
時間が流れが速く感じたので悪くなかったのですが・・・

誰も死ななかったのはちょと意外。
1話の重たい感じといい
キャラの入れ替わりとかあるといかにも死にそうな雰囲気でしたが・・・
ガゼルあたりは決着つけてもよさそうな。

やっぱりスパイものでないですね。。

結局時系列をばらばらにした意味はよく分かりませんでした・・・
仲良かったのが次の話でよそよそしくなったりして混乱してしまいますし
case表示してしまっていると抜けているところが気になってしまったりで
いいところがなかった気がします。
仮に2期があったとしてもまた欠番が出るのは確実ですしね。。

売り上げ次第で続編ではなく
やるのかやらないのかはっきりとして作ってもらいたい気がします。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プリンセス・プリンシパル #11 「case23 Humble Double」

プリンセス・プリンシパル 11話の感想です。


プリンセス暗殺計画。。


クーデターに絡むちせの友人とは・・・
具体的な名前は出なかったもののプリンセスなんでしょうね。
実際にやっていはいなかったものの
名前を使って集めていたようなので・・・

アンジュは暗殺を実行せず一緒に逃げようとするものの仲違いして・・・・
ゼルダのもとに現れたプリンセスは
作戦でプリンセスと入れ替わったアンジュのふりをするプリンセスっぽいですが
アンジュと別れた時と服装が赤から白に変わっていたのが・・・
よくわからないですね。。

二人で逃げて戻ってきたプリンセスを
ゼルダは死亡確認もせずに信じちゃうのは変な気もしますが
プリンセスがいれば計画実行には差支えはないですし
どっちでもいいんでしょうね。。
そもそも気づいていそうな感じですが・・・


ドロシー、ちせといなくなっていくところを見ると
最終回ではみんなで助けにくる展開になりそうな。

アンジュとプリンセスは入れ替わりがキーポイントになりそうなので仕方がないですが
訳が分からなくなってきますね。。

とりあえず
シリアスなシーンでのあの色眼鏡はやめてほしい。。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

Re:CREATORS #22 「Re:CREATORS」 最終回

Re:CREATORS 22話の感想です。


チャンバーフェス終了。。
メテオラとマガネをのぞいてみな元の世界へ?

やり残したことをないようにした後
メテオラが門を開いて元の世界へ・・・
ちゃんと戻れるかどうかもわからのが微妙なところ・・・

とうの本人は術者自身は戻れないということで現実に残ることに。。
他のキャラが知ったらツッコまれそうですね;
帰ろうと言った本人がそれはないと。。

マガネは完全放置?
気づきながらほっといているわけではなくどう見ても忘れてますよね。。
作者殺しとかしてるのに誰も気にしないのは明らかに不自然な・・・
メテオラと同様に本当に力がなくなったかは不明ですし
放置しちゃいけない存在です。。
とりあえず少しでも登場していればすっきりとしたのですが。。

アルタイルのその後も不明・・・
こっちも会話がなくてもいいのですこしは登場させるべきですよね。。


前話で解決して今回まるまる後日談だったのに
セレジアとかが復活しなかったのは意外な感じ。
娘復活とか好き放題やってきたのに。。

キャラクターが元の世界へ戻れたのかは不明なまま。
戻れたところで何があるというわけですが・・・
やっぱり現実で消滅しようが何の影響もないっていうのがよくないんでしょうね。

騒動の原因のアルタイルが出てきた理由は不明なまま。
メテオラたちの準備が整うまでちょっかい出さなかった理由もよくわかりません・・・
主犯が二人だけの世界で自己完結ってどうなんでしょうね。。

承認力、承認力とさんざん言っていて
さいごは承認力無視してチート技で解決したのは残念な展開でした。。


全体的にはそれなりに楽しめましたが
説明不足な感じがしますね。。
とりあえずアニメ外での何かのコメントで説明とかはないです。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プリンセス・プリンシパル #10 「case22 Comfort Comrade」

プリンセス・プリンシパル 10話の感想です。


表向きの任務は機密書類の奪取で
本当の任務は二重スパイ疑惑の調査。

対象はアンジュたちと同期だったエレノアで
1位のアンジュにあこがれているのかと思いきやドロシーにあこがれていたと。。
証拠はなかったものの何故か自ら尻尾を出して
二重スパイを確定させる。。
で最後はドロシーにトラウマをプレゼントと。。
ドロシーはいいことが少ないです。。


次なる任務はプリンセスの暗殺。
スパイのやることではないですね・・・
継承順位の低いプリンセスの殺害する理由とはいったい・・・
case23・24と続いて終わり?
プリンセスの殺害となると
アンジュかプリンセスのどっちが死んだかわからない感じにする終わり方がありそうですが
どうなるんでしょうね。。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

Re:CREATORS #21 「世界は二人のために」

Re:CREATORS 21話の感想です。


チャンバーフェス終了。。


セツナは本物ではなくソウタが作ったキャラクター。
シリウスとは違って話もしっかりできるようです。
物語には登場しない前日譚とやらでここまで濃密に内面を描けるとは思えないですし
マガネの力で現界した存在したので
偽物とは思えない感じも・・・
とはいえソウタが自分のメガネをちゃっかり入れちゃったりしてるので
訳が分からなくなってきます・・・
そんなセツナを受け入れちゃうアルタイル。。
キャラクターなら言うこと全てがソウタの都合のいい解釈なんですよね・・・

ソウタが「少しはクリエイターに近づけたかな?」って言ってましたが
承認力を得られず
マガネの力を借りて現界してましたよね・・・
なのにどうしてこんなことが言えるのか・・・
自力でやっていないので何を言っても説得力がないですね。。


結局セツナの説得のみで終了。
セツナを助けるシーンとか他キャラを絡ませる余地はありましたが一切絡みませんでした。。
承認力不要でセツナ現界してますし
今までの流れ全てが今回の出来事に全く影響を与えていないので
多数の犠牲もすべて無駄でしたね・・・
もったいぶってこのタイミングで秘策発動して意味がさっぱりわからないです。。

物語の中の人たちは
こんなよくわからないキャラ登場で〆られる展開で盛り上がれるとは到底思えないです;
知らない人に語り掛けてよくわからないうちにスパッと終わっているはずですので・・・

アルタイルはセツナと一緒に別世界へ行ったみたいですが
ほかのキャラクターたちがどうなったのかはよくわからないと・・・
あと1話ありますがどうなることやら・・・

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。