すべてがFになる #10 「紫苑色の真実」

すべてがFになる 10話の感想です。


仮想空間での接触
犀川先生は南国な感じで萌絵は取調室・・・
スタンスの違いでしょうか。。

四季の計画
かなり前から計画されていてシステムの異常も予定通りで
自らを娘に殺してもらうこと・・・
萌絵の「あなたは誰ですか?」という質問から
娘が疑問を持ってしまったため逆のことをするはめに。
四季の妹も存在しておらず四季が演じていたようで。

所長
屋上で対応していたときにはすでに刺されていたようで。
ちょと無理がある気がしますが根性で乗り切ったということですね。。
贖罪のために四季の計画通りに殺されちゃった感じで。


なんだかんだで結局四季はとっくに逃亡。
仕方ないかもしれませんが
国枝さんが女性として見られていないのが切ない。。

それにしても
予定通り娘が親殺しをしていたらどうなったんでしょうね?
四季として面会した人とはあきらかに違う人の死体が出てきたら・・
気にしないほうがよさそうですね。。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(`・ω・´)bサムズアップの真実 ~すべてがFになる 第10章 紫苑色の真実~

やたら開放的な背景の犀川先生と、取調室という閉鎖的な萌絵。先生と萌絵とで、思考の領域とでもいうのかな?そういうのの違いを現してるようで面白かった。けど、なんか萌絵が途轍もなく物分りの悪い子みたいになってたなwww

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク