機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #26 「新しい血」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 26話の感想です。


オルフェンズ第2期。
少し時間がたっているようでみな成長しています。
クーデリアは落ち着いた感じで別人のように。

これまでの戦いで鉄華団は名を上げギャラルホルンは弱体化。
平和とは程遠いもので世界情勢はより混迷を極めたようで
少年兵やモビルスーツは大活躍。。

敵軍にはちょうちょを食べていた人が;
普段はあれですが
戦闘時はものすごい強いんでしょうね。

クーデリアから鉄華団への護衛依頼。
当然フラグなのでてきに襲撃されます。。
ラフタたちがいれば何とかなりそうですが
出撃という感じはなかったので何をしていたんでしょうね。

1話ということで恒例?の
ピンチにガンダム登場で終わりと。
ピンチといっても予定調和な感じで絶望感はないですが。


エンディング(オープニング)には仮面の人が・・・
例の人なのでしょうか?
1期を見る限り
死んだと思わせる紛らわしい演出があっても生きている人もいましたし
直接くびをはねられでもしない限り
何があっても不思議ではないですね;
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #26「新しい血」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第26話を見ました。 #26 新しい血 「もうすぐ夜明けだね」 「あぁ、いよいよ歳星へ出発だ。そこでテイワズと盃を交わしゃ、俺らはいよいよ名瀬の兄貴と肩を並べることになる。テイワズの直系団体だ。この規模の農場だけじゃまだまだ金は足りねえ。鉄華団に入りてえって居場所のねえ奴らもわんさか集まってくる。いつかは真っ当な商売だけでやっていく...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話(第二期01話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話(第二期01話) 『新しい血』 ≪あらすじ≫ 主人公、三日月・オーガスが所属する鉄華団は、クーデリア・藍那・バーンスタインの地球への護送からアーブラウ代表指名選挙を巡る戦いで一躍名を上げた。そしてその戦いでギャラルホルンの腐敗が暴かれたことにより、世界は少しずつではあるが確実に変わりつつあった。 アーブラウとの交渉で得たハーフメタ...

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク