終末のイゼッタ #10 「魔女の鉄槌」

終末のイゼッタ 10話の感想です。


ランツブルック陥落してイゼッタは捕縛・・・
どうなることやらと思いきや
フィーネは秘密の抜け道とやらで脱出
イゼッタは味方たちが即救出って
ものすごい拍子抜けな展開ですね;

あれだけ危険な魔女に対して
ざる警備ってどうなの???
いまに始まったことではないですが・・・

イゼッタはフィーネと合流したようですが
歩けないほどの重傷のようで・・・
前回を見た限りそんなに危ない感じはしなかったのですが;

ゾフィー。
短命っぽい感じ。。
同様のクローンはほかにたくさん待機しているみたいですが;
たくさんいるって奇跡的にできたみたいな話じゃなかったでしたっけ;
記憶の件はわけがわかりません。。
洗脳とか記憶ねつ造でもなさそうですし
やりすぎて失脚中のベルクマンの魔女が裏切らないって自信はなんなんでしょうね。

もう打つ手がないのかと思っていたところにジークの手には例の石の半分が・・・
魔女関連のなにかの末裔だったらしくいろいろと語りだす。。
説明役ですね。。
秘密を守るために味方を始末したりするわりには
石を出すのを躊躇していたのは違和感が・・・


ゾフィーと魔女兵器もあるゲルマニアに対して
イゼッタが石をもっていてもどうにもならない気もしますが;
フィーネはどっかいったみたいですが
みんなを守るために降伏しちゃったりするのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 終末のイゼッタ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク