幻影ヲ駆ケル太陽 #6 「星とともの果てに」

幻影ヲ駆ケル太陽 6話の感想です


星河せいらのお話

ダエモニアに敵意むき出しの理由は
親友をダエモニアに殺されたから・・・
あんなふうになるのも無理はないですね。。

せいらと友達になった二人の少女・・・
一人は病気の親友を助けるためにダエモニアに・・
せいらの一言が後押しになってるんですよね。。
臓器提供が・・・て話しだから
手を下した相手はやっぱり提供相手なのかな・・・

さすがのせいらも友達相手では手が出せず・・・
「声を聞いたら殲滅できないなんて覚悟が足りないから!」
とあかりが殲滅を・・・
主人公っぽくなってきましたが
いつのまにこんな覚悟をもったの?って違和感がありますが;

あいかわらずな欝な展開・・・
そろそろ救われてもいいですね。。
スポンサーサイト

テーマ : 幻影ヲ駆ケル太陽
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幻影ヲ駆ケル太陽「第6話 星とともの果てに」/ブログのエントリ

幻影ヲ駆ケル太陽「第6話 星とともの果てに」に関するブログのエントリページです。

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク