白銀の意思 アルジェヴォルン #3 「ワンマン・アーミー」

白銀の意思 アルジェヴォルン 3話の感想です。


基地に到着するも放棄することになり
殿をつとめることになった部隊。
渓谷爆破で敵軍を退ける。。


渓谷で戦い。。
どうみても待ち伏せ向きな防衛側が有利な地形・・・
でも
さくさく突破される防衛線に違和感が。。

また・・・
トキムネの相変わらずの命令違反;
命令を守っちゃいけないという義務でもあるんでしょうかね;
2話の「軍人なら命令は絶対」って言葉はどこいったんでしょうか・・・
そろそろ本気で罰したほうがいいかも;

敵のエース
圧倒されるトキムネ。。
新型機はまったくいいところがないです。。
特別な期待でもなさそうですし
機体性能では圧倒してそうなんですけどね・・・

渓谷爆破。。
トキムネは機体性能で何とかなったとしても
どうみても敵のエースが助かるとは思えないのですが
助かってますね。。
・・・
こんなことができるなら
敵軍の本体巻き込んでの爆破でよかった気が。。


たまには
命令違反じゃなくいいところもみたい。。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第3話の感想と考察――主人公よりも、キャラとしては隊長の方が気になる

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第3話「ワンマン・アーミー」を観ました。<ストーリー>追撃を退け、本隊と合流を果たした独立第八部隊。両国を結ぶ要衝『不

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク