ガンダム Gのレコンギスタ #4 「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタ 4話の感想です


海賊でも
やっぱり人質?は自由です。。

ラライヤは少しは話すように。
低い声ですね;

キャピタルアーミィ披露
同時に人質救出へ・・・
いきなり通信妨害したりして
本当に人質救出する気があったのかは謎な気がします。
戦闘はGセルフの謎の力でアーミィ撃退して終わり。

宇宙から来る何かに対抗するためにアーミィが作られたと・・・
まだ別の勢力がいるようです。
どんなのなんでしょうね。。

借りもあるからということで
ベリルは海賊のほうで戦うみたいです。
流されままに・・・


次はようやく仮面の人がでてくるみたいでうs。
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタの第4話を見ました。 第4話 カットシー乱舞 海賊部隊に囚われの身となったベルリはノレドとラライヤを人質に取られ、クリムにG-セルフを動かすように指示される。 「クリム中尉!」 「敵の能力チェックです」 「艦長の許可は!?」 「よろしく取り計らっていただきたい。行け」 「クリム中尉」 「アイーダ様の話が本当ならこの女子にも試させたいの...

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』 ≪あらすじ≫ キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させるメガファウナ。ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込んでいたG-セルフで矢面に立たされる。 (公式HP World Storyより抜...

「Gのレコンギスタ」4話の繋がらない富野流会話劇の意味

「Gのレコンギスタ」4話。 アイーダに連れられて、ベルリ・ノレド・ラライアが宇宙海賊の元へ。 一方キャピタル・アーミィはデレンセン大尉のカットシー部隊を使い、 宇宙海賊を叩く魂胆だが、ベルリはカーヒル大尉の件で アイーダに貸しがあると感じ、戦いを止めようとGセルフに乗る展開。 カットシー乱舞というタイトル通り、 カットシーとGセルフの戦いが小気味よく描かれていた。 ...

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 キャプ付感想

Gセルフの謎の能力、スコード!  ベルリが使えたのは操作方を無意識に刷り込まれてるんでしょうかね。  謎の多いMSですね。    キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、 デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。 その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させる メガファウナ。 ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込...

コメント

Secret

プロフィール

ウマのしっぽ

Author:ウマのしっぽ
FC2ブログへようこそ!

黒ねこ時計
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
Flashリバーシ
by Orfeon
アクアリウム
検索フォーム
リンク